2012年03月29日

皮膚病

983 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/02/26(木) 23:36:16 ID:fu8cj7GbO
108さん、質問です。
以前、皮膚病の方に『自分を心から愛せるようになれば、その症状は消えます』と答えてらっしゃいましたが、それは皮膚病の人全般がそうなんでしょうか?
それとも、その質問者の方の書き込みから判断されたんですか?
私も1年半前くらいから皮膚病の症状が出て、大学病院に通いましたが原因不明で治療法も無いと診断されました。
私も確かに心から自分を愛しているかと聞かれたら、そうではないです。(ただ、自分が大嫌いと言うわけでもありません)
私も心から自分を愛してあげれば症状は消えるんでしょうか。
今は、治って着たい洋服を堂々と着こなしている自分をイメージしたり、不安になったら今に焦点を合わせたり、体に向って『今まで愛せてなかったからお知らせしてくれたんだね、ありがとう』ってアファしたりしています。

Unknown (108)
2009-03-06 19:31:22
989 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/02/27(金) 00:09:48 ID:baIcRxSK0
私も、成人して治まっていた皮膚炎が再発して、苦しんでいました。
皮膚って体にくっついてるし、見たくなくても見えてしまうし、人の目にもつくし、自分の意図に集中
できない事が多い。
こんな状態で、包帯巻いて膿みでぐじゅぐじゅの皮膚の自分をどうやって愛せっちゅーねん!!!!!
という怒りに苛まれたりしてました……。
とりあえず私は、腹立つ気持ちを押さえずに、痛けりゃ泣き、怒りが沸いたら泣き叫び、親に電話し
て、どーしてこんな目にあわないといけんの!!!って愚痴りまくって落ち着いたらアファで、お医
者さんなど色んな縁や周りの人の愛情で回復傾向に至ってはいますが、まだ、なにかが腑に落ちない
でいます。病もひっくるめて、愛せばいいのか??病がない自分に焦点を根性であてまくるのか??
そんな経緯もあって108さんの回答私も待っております。横から失礼しました。

Unknown (108)
2009-03-06 19:31:41
>>(その57の)983

皮膚病に限らず、全ての病気がそうです。
病気は、内面も含めたその人自身の不調和が表現されたものです。
例外はありません。
その皮膚病も含めたあなた自身を愛してみてください。
病気を治すためにそうしないでください。
そうしてしまうと「病気が治らない私なら愛せない」となってしまうからです。
ただ無償の愛を、無条件に自分に向けてみて。

>>(その57の)989

> 病もひっくるめて、愛せばいいのか??

そういうことです。

「こんな皮膚炎を起こして苦しんでいる私は嫌いだ!」

そう思うと、あなたが望まないものに「あなた自身」が含まれてしまいます。

これは気をつけてください。

多くの人が、特定の現象に対する否定を行っているとき、
同時に自分自身も否定してしまっています。
そうならないよう、特に注意してください。
これはとても重要なポイントです。

気持ちを抑えずに発散したのは良かったですね。
頑張らずにただ手放せる心境になれば、症状は嘘のように消えますよ。
posted by マダオ at 15:39 | 身体に関する事・過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。